読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タオバオ・アリババで商品リサーチ方法

今回はタオバオやアリババでの商品の探し方についてです。

前回(http://noguchi-ouchi.hatenablog.com/entry/2017/05/24/235738)はAmazonで売れている商品をリサーチする基本的な方法をご紹介しました。

Amazonで売れてる商品を見つけた後は、実際にタオバオやアリババで同じ商品を探して、利益が出るかどうかを調べます。

以前にも紹介しましたが、主なリサーチ先は次の2ヶ所です。

タオバオ http://world.taobao.com/
タオバオ・・・中国のC2Cオンラインショッピングモール。中国現地に住んでいる一般の方が購入するサイトです。1個から注文が可能。

アリババ https://www.1688.com/
アリババ・・・中国のB2Bサイトです。中国にある工場などと直接取引ができるのでタオバオよりも安い傾向があります。ただし、B2Bサイトですのでロット注文になる場合もあります。


それでは、探した方として最も簡単な方法はグーグル画像検索です。
※ブラウザはGoogle Chrome使用前提で進めます。

以下手順
①商品ページを開いて画像の上にマウスをあてます。
②あてた状態で右クリック
③「Googleで画像を検索」をクリック。
④グーグルでの画像検索結果が出てくるので見ていくと、中国語のページが出てきます。
⑤中国語ページのURLの中に「taobao」とあればタオバオの商品ページ、「1688」とあればアリババの商品ページです。
⑥該当のページ開くと同じ商品が出てきます。
⑦後は販路との差額で利益が出るならリサーチ終了ですね。


ただ、画像を加工されていたりすると画像検索で見つかる商品は少ないですし、せっかく仕入れても自分がリサーチした画像検索で簡単に同じ商品をライバルに発見されてしまいます。
画像を加工・自撮りしたりで、ライバルからの画像検索は防げますが、そもそもリサーチで見つけやすい商品ですので、すぐに飽和(レッドオーシャン化)してしまい価格崩壊が始まります。
そこからは赤字になるまでライバル同士の価格競争が始まります。
そこがデメリットです。ある程度、リサーチと販売に慣れてきた段階で参入障壁を作るテクニックもあるので、そうなってくると重宝します。



もう一つのタオバオでの商品検索の方法がキーワードで検索する方法です。

ただ、いくら漢字を使う日本人といっても、中国本土の人々が使う言葉(簡体字)を見て、意味が分かることはほとんどありません。
そのため日本語を中国語に直す場合は、正確に簡体字に翻訳をしなければ違う物を意味する言葉になってしまうので注意が必要です。

キーワードは主に翻訳サイトを利用します。
Google翻訳https://translate.google.co.jp/
・エキサイト翻訳http://www.excite.co.jp/world/

上記の二つの翻訳サイトでしたら、どっちを使ってもたいして結果はかわりません。
使いやすいほうを使ってください。
私はエキサイト翻訳を使っています。

ここでリサーチしたい商品名を中国語に翻訳して、タオバオやアリババの検索窓に貼り付けして探します。
最初はドンピシャな商品はなかなか見つかりませんが、キーワードから不必要な部分を少しづつ省きながら検索することで、徐々に目的の商品に近付いていきます。
目的の商品に近い類似商品があったら、そのタイトルをコピーして検索窓に入れて検索すると、より商品発見に近づきます。

また、部品系の商品に多いんですが、型番や品番があるものなら、それをコピペで検索は可能なので覚えておきましょう。


最後にチャイナマート(http://chinamart.jp/)です。
日本語で商品を探せるようになっています。
しかし、ここで購入すると利益が下がってしまうのでリサーチに利用します。
タオバオやアリババでなかなか商品を見つけることが出来ない場合はここで日本語検索をし、商品を探します。
商品ページを開くと中国語の商品タイトルがわかります。
その中国語のタイトルでもう一度、タオバオやアリババ検索をしてみてください。


以上が基本的な中国商品の探し方です。
慣れれば簡単なので、ここは数をこなすのが重要です。
あんまり気合とかマインド的な話はしたくないのですが、どうしてもこれだけは数こなさないと慣れないので、頑張ってみてください。



この記事の不明点などあればT3 CLUBのLINE@にてお気軽にメッセージください。

LINE@ID:@yuq2767v

友だち追加

国内物販で安定的かつ長期的に稼ぐための重要な要素②

T-3 CLUB 国内物販担当の坂本です。

前回私が扱っている商材を紹介しましたね!

そう、カメラです。

国内転売の参入障壁の低さを
カメラというライバルが手を出しづらい商材が補っているとお話ししました。

ただ「国内転売とカメラだけでは足りませんよ、もう一つ重要な要素がありますよ」
ということもお話ししたかと思います。

今日はそのもうひとつの重要な要素について解説していきます。

国内転売×○○○〇×カメラ=安定して長期的に稼げるビジネス



○○○〇に入るのは、


・・・


・・・


・・・

「中古商品」



です。




どうですか?


勘のいい方は予想できていたかと思います。



なぜ中古なのか?なぜ新品ではいけないのか?

しっかりと理由があるので、解説していきますね!



【中古カメラを扱う理由】


①オンリーワンの商品なので価格競争にならない


これは新品と比較するとわかりやすいかと思います。

例えばAさんとBさんが同じ新品のカメラを仕入れたとします。
そしてAmazonに出品しました。
自分の商品をより早く販売するためには、ライバルセラーとの差をつける必要があります。
さあ、どこで差をつけるでしょう?

・・・

そう、新品の商品に差をつける場合は「値下げ」しかないのです。

だから新品商品の場合はすぐに価格競争が起きてレッドオーシャン化してしまいます。

しかも新品の場合はAmazon本体も販売しているのでAmazonとも戦う必要がありますし、
ロット購入により低価格で仕入れができる業者に初心者が勝てるわけもありません。

一方で中古の場合はどうか?

中古の場合は、ひとつひとつ状態が違うので出品ページで差をつけることができます

しかも状態により価格も異なります。

※状態ランク「ほぼ新品」と「可」では価格が大きく異なります。


また状態ごとに需要も異なります。

例えば工事現場で使うカメラを購入しようとしている人は、
Amazonの状態ランク「可」の商品を選びがちです。

なぜなら過酷な環境で使用するので、どうせボロボロになるからです。

逆にカメラを趣味にしている人はコレクター的な要素を持ち合わせているので、
「ほぼ新品」を選ぶ傾向にあります。


中古は状態によって出品ページで差をつけることができるので、
価格で差をつける必要がありません。

つまり価格競争が起きにくく、赤字が出にくいというメリットがあります。

ちなみに私は中古カメラのみ扱っていますが、
月間の売り上げで赤字を出したことは一度もありません。
私の仲間も教え子も同じです。

ひとつひとつの商品で500円とか1000円とかの赤はありますが、
月間の売り上げで赤字を出す確率はほぼ皆無です。

中古カメラはそれくらい相場が安定しているのです。



②一個で大きく利益がとれる可能性が高い。

カメラは1商品の単価が高いので、一つで大きく利益がとれます。

1商品ごとの月間平均利益が7000円~10000円などということもざらにあります。

なので、100個しか売らなくても利益100万円という数字が出せてしまうのです。

書籍やDVDのせどりではこうはいきません。

本やDVDなどは高くても利益1000円~2000円くらいでしょう。

低いと数百円くらいです。

これだと月収で30万円以上稼ぐには、
気の遠くなるような数の商品を販売しなくてはいけません。

おそらく書籍のせどりで月収30万円を目指したらほとんどの人が挫折するでしょう。


カメラなら販売する商品の数が少なくてもしっかりと利益が出せるので、
時間のないサラリーマンが副業でやっても
月収で30万円以上稼ぐことができてしまいます。



③高単価の商品を扱えば、高利益が望める

カメラの中には、
せどりをやっている人には想像もできない利益が出せるものがあります。

私の過去最高利益は1つのカメラで148000円です。

(キャノンの「 EOS1DX」という機種です)

サラリーマンの初任給を1つのカメラを販売するだけで稼げてしまいました(笑)

ここまで高額でなくても、
カメラ一つで10000円以上利益が取れるものがたくさんあります。



④商品の状態により自分の売りたい値段で売ることができる


中古商品は新品と違い価格競争にほとんど巻き込まれないので、
出品ページを工夫することで、商品の価格を自分で決めることができます。

つまり労働(仕入れ作業)の対価を自分で決めることができるのです。


これは実は非常に大切なことなんです。


世の中のほとんどの人(サラリーマン)が、
自身の価値を勝手に雇用主に決められてしまっています。
要は値踏みされています。

それに慣れきってしまうと、
会社に依存するのが当たり前のような考え方になっていってしまいます。

労働の対価を自身で決められるようになると、
この雇用主に依存する考え方から脱却し、
自身の人生を主体的に生きることができるようになります。

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、事実なんです。

今サラリーマンをしていて給料に納得していない方は、
是非副業で私の転売ビジネスを実践してみてください。

人生観まで変わりますよ!!本当に。


・・・


・・・


・・・

今日はここまでです。

本日もお読みいただき有難うございました。


感謝!



LINE@も始めました~!!!笑

LINE ID:@yuq2767v

QRコード

ebayのアカウント登録の仕方!!!

こんにちは!

クレヨンしんちゃんの街から登場!!!笑

輸出ビジネス担当の野口です。


ebayで販売をするにあたりもちろんご自身のアカウントの取得が必須です!笑
これがなければそもそも出品ができませんね。

ではこのアカウント登録の仕方をお知らせしていきますね。

まずは http://www.ebay.com/こちらからアクセスしてください。
ここがebay.com(アメリカ)のURLになります。

日本語は対応してません
ので、私が画像付きでご説明していきますね!


f:id:noguchi-ouchi:20170526134322j:plain

↑これがトップページになります。
赤丸のSign or registerがあります。

①sign=ログイン

②register=新規登録

という意味です。


f:id:noguchi-ouchi:20170526135217j:plain

↑こちらは登録画面になります。
まずは、Personal account(個人登録Business account(法人登録)どちらかをお選びください。

※基本は個人登録ですね。

次に個人情報の入力になります。

①黒丸に普段使用しているメールアドレスを入力
②赤丸はメールアドレスを再度入力
③黄丸はログインパスワード
④青丸はご自身の名前(例 Tarou Nippon)
⑤緑丸は電話番号です。携帯電話が好ましいですね。
 日本の国旗を選び+81になってますので頭の0を取って入力します。
(例)+81 80-1234-5678

f:id:noguchi-ouchi:20170526140703j:plain

この画面になりましたら
登録しました電話番号にSMS(ショートメール)でPIN CODEが届きます。これを入力してください。

これで無事にアカウント登録の完了です!!!

ご苦労さまでした!!笑

次回では、Paypalの登録についてお話ししていきたいと思います。

Best Regards!!!


LINE@も始めました~!!!笑

LINE ID:@yuq2767v

QRコード

こちらから登録どうぞ!!!
友だち追加

中国輸入の商品リサーチ方法

本日は商品のリサーチ方法についてです。


Amazonメインで販売していくことを踏まえるとリサーチ先はAmazonになります。

そのため、今回はAmazonリサーチ方法をお伝えします。




まず、流れとしてはAmazonで売れてる商品をリサーチします。

売れてる商品が見つかったらタオバオやアリババで同じ商品を探します。

そこで利益が出るものであればリサーチ完了という流れです。



では、Amazonでの売れてる商品の代表的なリサーチ方法を説明します。


Amazonのトップページを開き検索窓の左の「すべて▼」からリサーチしたいカテゴリを選択します。

f:id:noguchi-ouchi:20170524234353p:plain


②検索窓に「ノーブランド」と入力して検索します。

f:id:noguchi-ouchi:20170524234427p:plain


③表示された検索結果の商品タイトルの頭に「ノーブランド」と表記のあるものは基本的には全て中国輸入の商品です。
理由は長くなるので説明を割愛します。
なんでもいいので、気になるノーブランド商品を開いてみてください。

f:id:noguchi-ouchi:20170524234459p:plain


④商品ページを開いたら「新品の出品~」のところをクリックしてください。

f:id:noguchi-ouchi:20170524234529p:plain


⑤その商品ページに出品している出品者一覧画面が表示されます。
ノーブランドと表記されている商品を出品しているセラー(出品者)はほぼ間違いなく中国輸入をやっているセラーです。
そのセラーが扱っている商品をまとめてリサーチするために各セラーの出品中商品一覧画面を出します。

☆出品者一覧
f:id:noguchi-ouchi:20170524234641p:plain

☆出品商品一覧
f:id:noguchi-ouchi:20170524234659p:plain


⑥出品中の商品一覧画面が出てきたら、ひとまず最初のうちは全部チェックしてリサーチの勘を養っていきましょう。
商品タイトルをクリックすると商品ページに飛ぶことができます。
商品ページを開いたら必ずその商品をAmazon内でASINコードにて再検索してください。

セラーの出品一覧画面から商品ページを開くとそのセラーが出品している販売価格のみの情報しか出ません。
場合によってはその他セラーが何人もそのページで販売をしていて、もっと価格が安いこともあります。

f:id:noguchi-ouchi:20170524234810p:plain


⑦ASINにて再検索し、Amazon商品ページを開きなおしたら、今度はモノレート(http://mnrate.com/)というサイトを開きます。
そこで検索窓にASINを入力して検索をかけます。


⑧検索結果が表示されたらその画面のランキングの変動に着目してください。
グラフが下に下がるとAmazonランキングが上がっていて、グラフが上に上がっているとランキングが下がっているということです。
ランキングが上昇しているということは少なくとも1個以上は商品が売れたと考えてください。

Amazonでは商品が売れるとランキングが上がる仕組みです。
売れないとランキングが下がります。
ランキング変動に着目することで、月に最低何個以上売れているかの予測を立てることができますね。

最低でも月に5個以上は売れてる商品をリサーチしておきましょう。
たまに、モノレートでランキングが反映していない商品がありますが(主にバリエーションを組まれている商品)その場合は現時点でのAmazonの大カテゴリランキングで2万位以内であれば多少は売れてる商品と判断してください。
(初心者のうちは2万位をひとまず基準でOKです。リサーチや販売に慣れてきたらもっと角度の高い商品を狙っていきましょう)

また、カテゴリによっても市場規模が違うため必ずしも2万位以内なら売れてるというわけではありません。
モノレートで確認ができず、カテゴリごとの市場規模が自身で把握できるようになるまでは、必ず少量仕入れにしておきましょう。

f:id:noguchi-ouchi:20170524235135p:plain


⑨売れてる商品が見つかりました。今度はAmazonでその商品をいろんなキーワードで検索して探してみて下さい。
同じ商品を販売しているページが複数出てくることが多々あります。
ライバル商品が10ページ以上あったら、その商品は飽和してしまっていて売れにくいので避けるのがいいでしょう。
10ページ以下でもライバルの価格や販売ページの強さによっては参入しないほうがいいですね。
参入するかどうかは、自分の販売力でシェアをどれだけとれるか?が基準です。


⑩売れていて、かつライバルも少ない商品がAmazonで見つかりました!
まだ、タオバオで商品を探すのは早いです。
見つかった商品の下のほうにいって、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」または「この商品を買った人はこんな商品も買っています」をチェックしましょう。
ここに並んでいる商品も中国輸入商品であることが多いですし、こちらに表示されているということは同じくよく売れている商品である可能性も高いです。

f:id:noguchi-ouchi:20170524235338p:plain

同様の手順でモノレートで検索し、売れているかチェック、Amazonで再検索してライバルが多すぎないかチェックしましょう。

いくつか仕入れ候補の商品が見つかった時点でタオバオやアリババで同じ商品を探して利益が出ればリサーチ完了です。と言いたいところですが、もっと重要な作業があります。

今のはライバル店舗の商品一覧からリサーチする方法をお伝えしました。

このライバル店舗は今後もリサーチする時に便利な相手になるので、必ずストアURLを保存しておいてください。

そして、このようにライバルセラーのリストを自分専用に作っていきましょう。

中国輸入をこれから始めるという方は今後のリサーチを楽にするため、更に慣れるためにも、最低でライバルセラーを10件見つけてストックしてみてください。



Amazonリサーチ方法については以上です。
次回はタオバオやアリババでの商品の探し方をお伝えします。

ebay輸出での中古品販売の再現性の高さ!

【日本にすんでるからこそできるビジネス!そして中古品の程度の良さ!】

こんにちは!

クレヨンしんちゃんの街から登場!!!笑

輸出ビジネス担当の野口です。




それでは、前回での続きとしまして、


なぜ、中古品を販売したほうがいいのか?


ここを説明していきますね!




①オンリーワン商品なので価格競争が起きない。
②程度により価格も変わるので相場の影響を受けない。

これはまさに中古品ならではになりますね。
色々な商品がある中で、同じ商品でも年式や程度の違いにより必ず価格差があります。
これはどういうことかというと、同じ商品でも同じ商品ではない!
ということですね。
ですから、相場通りに販売すればだれでも売れる!ということです。
バイヤーさんは、綺麗や程度の良い物が欲しい人もいればとにかく安く欲しいという人もいるわけです。
ですので、売れない!ということがないんですね~。。。




③レア商品や限定商品など廃盤品などはプレミアが付いてるので1個の販売で数万円~数十万円の利益が取れる。

これは中古品販売としての醍醐味ですね!笑
年代物のアンティークなどや限定商品、廃盤品でもう新品では手に入らない物は
プレミアがつきますね!
これはどの商品カテゴリーにも言えることですね。
マニアやコレクターのバイヤーさんはこういう商品は値段がいくらだろうが欲しいんです!
これはバイヤー心理です。
ですので、日本に眠っているお宝商品はゴロゴロあります。
これは海外に販売すれば、1個の商品で数万円~数十万円の利益は余裕で稼げます!
私もつい先日1個の利益が15万円という商品を販売しました!!!www



④日本人の中古品の程度の良さは世界の人はすでに知っている。

まさに読んで字のごとくです。
意外と日本の人たちは知らないんですよね~。。。
海外のバイヤーさんって日本人の物を大切に扱う文化や丁寧に商品を保管してる事を
知ってるんです!!!
ここ、結構重要です!
なので海外のバイヤーさんって日本人でしたら安心!というイメージがもう定着してます!
なので日本人というだけでブランディングされてるんです。
我々、日本人というだけで十分に価値があるんですよ!!!


これって凄くないですか???笑




⑤日本の中古品はほとんど日本に眠っているので仕入れに困らない。

もちろん日本製品を販売するわけですから日本の中古品は溢れてます。
ですので仕入れはしやすいですね。
なぜなら、某有名リサイクルショップでは滞留在庫が凄すぎて
販売すのに苦労してるんです。。。
それでけ日本の中古品は非常に多く眠ってます。
だからだれでも稼げるんですね!!!



⑥⑦は上記である程度説明してるので省きますね!!!笑



⑧リピーターが多い。(顧客になりやすい)


これは商売をするうえではとても重要です。
ネット販売では現物を見て買えないので、いくら日本人が安心と言ってもやはり不安はあります。
当然ですね!
なので日本人としての普通の対応をしてあげればもう一度あなたから買いたいと言ってきます!
ですから同じバイヤーさんからまた買ってくれます!
ですのでコミュニケーションをしっかりとればどんどん物が売れますね!!!笑
最高です!!!



これだけ日本の中古品、レア物、限定品、などは世界のバイヤーさんはとても欲しがってるんです。
これは見つけて「販売してあげればいいわけです!

それに対する報酬です。

ですので、あくまでも商品に価値があるのでだれでも売れるんです!!!

とても楽しい魅力のある輸出ビジネスです!!!


ぜひぜひチャレンジしていきましょう!!!

次回は、ebayの作業面などをお話していければと思います!!!

Best Regards!!!


LINE@も始めました~!!!笑

LINE ID:@yuq2767v

QRコード

こちらから登録どうぞ!!!
友だち追加

Amazon新規出品するためのJANコードの使い方

今回はJANコードの作り方です。


Amazonで新規出品するためにはJANコードが必要です。

前回までの記事(http://noguchi-ouchi.hatenablog.com/entry/2017/05/19/162243)でJANコードの申請までは出来ました。

めでたくあなた専用のJAN企業コードが付与されましたら、今度はJANコードの作り方を覚える必要があります。

一個作ってしまえば難しいことではありませんので、とりあえずやってみましょう!

詳しく解説されていて、簡単に作成するには以下のサイトを確認するのがおすすめです。

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.html


登録通知書にはコードが記載されているのですが、このコードには9桁の数字が記載されています。

JANコードは13桁のため、これではAmazonに新規出品することができないんです。。。

後の4桁はアイテムコード3桁とチェックデジットという番号が1桁です。

その4桁をどのように付与するのかと言いますと、以下のサイトで作成するのが便利です。

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.html

f:id:noguchi-ouchi:20170520160008j:plain


上記のURLのJANコード (標準タイプ13桁)のところにJAN企業コード9桁とアイテムコード3桁を入れます。

最後に計算をクリックすると、チェックデジットの空欄に数字1桁が自動生成されて、晴れて13桁のJANコードが完成します。

この13桁のコードをAmazonで新規出品登録画面に入力すればOKです!!


一度、うまく出来れば簡単ですが、このように慣れないことは不安も多いと思います。

もし、不明点あればT3 CLUBのLINE@にて質問にお答えするので気軽にご連絡くださいね♪


LINE@ID:@yuq2767v


友だち追加

商材を発表します!


こんにちは。T-3 CLUB国内物販担当の坂本です。

本日はいよいよ私が扱っている商材を暴露します!!




私が扱っている商材、


・・・


相場が安定していて、なおかつ圧倒的な需要を誇るカテゴリー



・・・


それは



・・・


「カメラ市場」


です。

どうですか?予想できてましたか?


意外に思った方も多いのではないでしょうか。



なぜカメラなのか…?

カメラを扱う理由を説明していきますね!


デジタルカメラを扱う理由】


①参入障壁が高い


これが一番大きな理由です。

カメラは素人が手を出せないのです。

つまり参入障壁が高いということです。


そもそも検品が難しいうえに、専門知識も必要です。

国内転売初心者が「さあ、何を売ろうか」と考えたとき、

「カメラを売ろう」と思いつく可能性はほぼ0です(笑)



カメラの参入障壁の高さが、

国内物販というビジネスモデルの参入障壁の低さを補っているのです。


私がずーっと稼ぎ続けられているのはここが大きいです。


②偽物がない


実はカメラには偽物がありません。

「本当か?」と疑う人もいるかと思います。

でも、本当なんです。

恐らくカメラの偽物を見たことがある人はいないと思います。

なぜか?

超精密機器なので、偽物が作れないからです!

シャッター切ったら1発で偽物とわかります。

中国にいけばもしかしたら偽物が存在するかもしれませんが、

国内で偽物にお目にかかることはまずありません。

なのでブランド品などの転売と違って真贋の目利きは必要がなく、

安心して仕入れることができます。



③愛好者が多数存在(=需要が大きい)


これは感覚的にわかりやすいかと思います。

カメラをぶら下げている友人って周りにいませんか?

そう、彼らがカメラ愛好者です。

カメラ愛好者は常に最新のカメラが欲しています。

また状況によってカメラを使い分けます。
近くのものを撮るとき、遠くのものを撮る時では使うカメラやレンズが違うのです。

(=常に安定した需要があります)

カメラ愛好者以外にもカメラを使う人はたくさんいます。

例えば…アイドルオタク。

下記の写真を見ていただければわかるかと思いますが、
スマホではなく本格的なカメラを使用しています。

f:id:noguchi-ouchi:20170520012337j:plain

他にもコミケ、各種スポーツ大会などのシーンでもカメラの需要の高さを確認することができます。



ちなみにAmazonの売り上げランキング1位のカテゴリーは何か分かりますか?

そう…

カメラなんです!

しかも圧倒的な1位です。

カメラには圧倒的な需要があるのです。





④カメラは資産


カメラは資産扱いなんです。

どういうことかというと、

例えば私の曽祖父が亡くなって、

死後たくさんのカメラを保有していたとします。

そのカメラは相続税の対象となるのです。

要は「資産として価値が認められている」ということです。


ではそのことでどんなメリットがあるのか?

いざ本格的にビジネスにしようとしたとき、

カメラは資産なので、

カメラ転売は他のネットビジネスよりも融資が受けやすいといったメリットがあります。

銀行からも公庫からの融資も受けることができます。




………


………






いかがでしたでしょうか?

カメラ扱ってみたくなりましたか?

カメラを扱う理由は他にもたくさんありますが、

きりがないので今日はこの辺でおしまいです。


………

と言いたいところですが、

もうひとつお話しておかなければならないことがあります。




勘の良い方はお気づきかもしれませんが、

実は国内物販×カメラだけではうまくいかないのです。

もうひとつ重要な要素があります。

それは

………

国内物販×○○○×カメラ!


なのですが…


こちらに関しても長くなるので、

次回詳しくお話しします!

本日もお読みいただき有難うございました!

感謝!